Grand Prix

在庫あり商品なら土日祝日も当日発送 & 送料無料

コンタクトレンズの役立つ知識

コンタクトレンズの作り方の手順を解説

初めてコンタクトを作ろうと考えた際に多くの方が疑問に思うのが、作り方に関することです。適当に作ってしまうと自分に合わないものを選んだり、失敗したりすることがあるので注意しなければなりません。 そこで、どのような手順で作ることになるのか、何に気をつければ良いのかについてご紹介するので、参考にしてみてください。   コンタクトレンズの作り方 次の5つのステップで作りましょう。未成年者の方の場合、先に保護者に相談し、承諾を得ておいたほうが安心です。   1.眼科で検査を受ける 高度管理医療機器であるコンタクトレンズは眼科で検査などを受け、処方箋を出してもらう必要があります。ここでは目の状態や視力、レンズを装用しても問題ないかなどを調べてもらうことが可能です。保険証を忘れないようにしましょう。   2.装用テスト 付け方や外し方などの説明があり、トライアル用のレンズを実際に装用します。選んだ度数で合っているか、日常生活を送るのに支障がないかなどを判断しましょう。見えすぎて疲れそうなど、見え方に問題などがあれば他のレンズを装用するなどして最適なものを探します。   3.決定と各種説明 管理や保管の方法、その他注意すべきトラブルなどの説明を受けましょう。すべて問題なければ処方箋を出してもらえます。   4.商品の購入 眼科医で出してもらった処方箋をもとに商品を購入します。なお、安全面を考慮すると処方箋が不要の通販ショップで購入する場合も、事前に眼科で検査を受けておきましょう。   コンタクトレンズを作る際の注意点 うっかりやってしまいがちな失敗ポイントや、注意点についてご紹介します。   わからないことがあったらしっかり確認 眼科や販売店でわからないことや気になることがあれば遠慮せずに質問し、疑問を解消した上で検討することが大切です。特にケアの仕方などは正しく理解しなければならないので、説明がわかりにくければ質問して確認する必要があります。   定期検査を受ける 目の状態は少しずつ変わるので、定期検査を忘れないようにしましょう。最初にコンタクトレンズを作る際だけに眼科で検査を受け、あとは通販で購入を続けている方もいますが目の状態が変化していることに気づけず、トラブルに繋がってしまう恐れもあります。できれば3ヶ月に一度は眼科で検査を受けましょう。   作り方はとても簡単 これまで一度もコンタクトレンズを使用したことがない方は、何となく作り方が難しいのではないかと考えてしまいがちですが、ご紹介したようにとても簡単です。 自分の視力を知っている方の中には適当に度数を予想して通販で購入してしまう方もいるようですが、必ず事前に眼科医で検査を受けてから購入するようにしましょう。 思わぬ目のトラブルに繋がってしまうこともあるので、正しい作り方について理解した上で検討してみてください。   コンタクトレンズ通販のグランプリは、全商品メーカー正規品で様々なブランドのコンタクトレンズを特価で販売。在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。うるおい成分入り・UVカットのエアロフィットワンデーはこちら➡

コンタクトレンズがぼやける原因とその対策方法

コンタクトレンズ装用時に視界がぼやけるトラブルに悩んでいる方のために、原因や対策についてご紹介します。そのままの状態で使い続けると見えにくいだけでなくストレスにも繋がってしまうので注意しておきましょう。また、目のトラブルが関係しているケースもあるため、多少見えにくいだけだからと放置しないように気をつけなければなりません。   コンタクトレンズがぼやけるのは何が原因か コンタクトレンズを装用した際にまるで霧がかかったかのように見えにくい状態になってしまうことがあるのですが、目がぼやける代表的な原因として次の4つが挙げられます。   汚れ レンズに汚れが付着している場合はぼやけることがあります。例えば、きちんと手を洗わない状態でレンズを取り扱っていたり、女性の場合はファンデーションやマスカラなどの成分が目に入って汚れに繋がったりすることも多いです。花粉の多い時期は花粉がレンズに付着して汚れてしまうこともあるので注意しましょう。   乾燥 普段から目が乾燥しやすい方の場合、目の水分を蒸発させないようにまぶたから脂質が多めに分泌されるのですが、この脂質がレンズにたまるとぼやけやすくなります。特にドライアイの診断を受けている方は人よりも脂質が分泌されやすいと考えておきましょう。   目の病気 先述したドライアイのほか、角膜に細かい傷がついていたり、炎症を起こしたりしている場合もぼやけたように感じることがあります。特に痛みなども感じる場合は目の病気も疑ってみましょう。   度数が合っていない しばらく使っているうちに視力が悪化してレンズの度数と合わなくなることがあります。また、左右の目で視力が違う場合は、右と左を間違って装用している可能性もあるので確認してみてください。   レンズ装用時に視界がぼやける時の対処方法 正しく装用しているのにぼやける場合は次のような対策を取ってみてください。   目薬を点眼する 乾燥が原因となっている可能性が高いので、コンタクトレンズ用の目薬を用法・用量に沿って点眼しましょう。特に基本的に一度装用したら捨てる時にのみ外すワンデータイプのレンズを使っている方もこの方法がおすすめです。   レンズを洗う 脂質による汚れなどは目薬だけで対応することが難しいため、一度取り外して洗浄液で洗いましょう。また、ワンデータイプ以外を使っている方は外した時に丁寧に洗ってから保存することが重要です。   治らない場合は医師に相談 状態が改善しない場合は目に傷がついていたり、何らかの病気にかかったりしている可能性も考えられるため眼科で相談しましょう。原因がはっきりするまでコンタクトレンズの装用は控えた方が良いです。   原因をつきとめて対策を ぼやける状態のままで使い続けるのはおすすめできないので、乾燥や汚れ、目のトラブルなど原因をつきとめて対策をとりましょう。 クリアに見えるのがコンタクトレンズを使用する大きなメリットでもあるので、見えづらいようであれば本来の役割を発揮できていません。自分でできる対策を取っても変化がない場合は眼科で相談することについても考えてみてくださいね。   コンタクトレンズ通販のグランプリは、全商品メーカー正規品で様々なブランドのコンタクトレンズを特価で販売。在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。レンズケア用品はこちら➡

コンタクトレンズの正しい外し方

特にコンタクトレンズを使い始めてすぐの時期は正しい外し方がわからず、苦戦してしまうこともあります。間違って無理に外すと目を傷付けてしまうこともあるので、外し方については十分に注意しましょう。 どのようなステップで外せば良いのか、どうしても外れない場合にはどうすれば良いのかなどについてご紹介します。   コンタクトレンズの正しい外し方の手順 慣れてしまえば特に難しいことはないのですが、最初のうちは次の流れで丁寧に外しましょう。   1.しっかり手を洗い、タオルで拭く 2.鏡でレンズの位置を確認する 3.軽くあごを引き、上目遣いの状態で鏡を見る 4.中指で下まぶたを下げる 5.同じ手の人差し指で黒目より下にレンズをずらす 6.人差し指と親指の腹を使ってレンズの下側を軽くつまみ、外す   ソフトタイプは外すとすぐに乾燥するので、ワンデー使い捨てタイプ以外はそのままよく洗って保存液を注いだケースに入れましょう。   うまく外すコツ・注意点 慣れるまでは途中で目を閉じてしまうことがあるので、レンズをつまむのとは反対の手で上まぶたを軽く上に持ち上げて外しましょう。また、コンタクトレンズをつまむのは爪ではなく、指の腹です。爪でつまむと眼球を傷付けてしまう恐れがあるので十分に注意しましょう。   なかなか外れない時の対処法 どうしてもうまく外せない場合は、次の方法を試してみてください。   目薬をさす 指の腹でレンズを黒目から軽く移動させようとした際に、レンズが黒目に張り付いたような状態になってしまうことがありますが、これは乾燥が原因です。特に長時間装用した場合は乾燥しやすくなります。 コンタクトレンズをつけている時でも使える目薬があれば、潤いを与えましょう。ない場合は何度かゆっくりまばたきをして水分を行き渡らせます。その後、再度挑戦してみましょう。   指の水分をふき取る 最初に手は洗いますが、その時の水分が指に残っているとコンタクトレンズの上で滑って外れにくくなってしまいます。タオルなどでしっかりと水分をふき取りましょう。   正しい外し方を再度確認する よくやってしまいがちな間違いが、テーブルの上に鏡を置いて、目線を下に向けながら外す方法です。しかし、下目遣いではなく外すことができないので、必ず上目遣いになるようにします。 また、黒目の上から白目にずらして外すのも忘れないようにしましょう。白目と黒目の境目には段差があり、ずらすことによってより外しやすくなります。   慣れるまでは手順をよく確認 初心者のうちは外れなくなってしまったらどうしようと不安に感じることがありますが、ご紹介した外し方で行えば問題なく外すことができます。 雑に外してしまうと傷がつくこともあるので注意してくださいね。どうしても外せない場合は無理に外すと角膜を傷つける恐れもあります。眼科医に相談した方が安心なので、自分では無理だと感じたら相談してみてください。   コンタクトレンズ通販のグランプリは、全商品メーカー正規品で様々なブランドのコンタクトレンズを特価で販売。在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。レンズケア用品はこちら➡

コンタクトがずれる原因と対処法

コンタクトレンズを使用している際になぜかずれてしまい、困っている方も多いのではないでしょうか。レンズがずれてしまうと急に視界が悪くなったり、目の中がゴロゴロしたりする不快感を覚えます。 ここでは目の中でずれてしまう代表的な原因と対処法、予防法についてご紹介します。   コンタクトレンズがずれる原因とは レンズがずれてしまう原因として下記の3つが挙げられます。   目の乾燥 目が乾燥しているとレンズがずれやすくなります。乾燥がひどいとずれるだけでなく、目に張り付いてしまうこともあるため注意が必要です。 コンタクトを使用しているだけでも目が乾燥しやすくなりますが、ほかにも空調による室内の乾燥やドライアイなどの原因も考えられます。   表裏を間違えている ソフトタイプもハードタイプも裏表があるのですが、ソフトタイプの中にはレンズの裏表がわかりにくいものもあり、間違って装用してしまうとずれやすくなります。 裏表を確認する方法として、指先に乗せたレンズを目線の高さで確認、キレイなお椀型になっている場合は正しい表向き、両端が反り返っている場合は裏向きです。 レンズを目につける前に向きをしっかりと確認してつけることを意識しましょう。   結膜炎 結膜炎を起こしている場合はレンズがずれやすくなります。結膜炎とは、きちんとレンズを洗わず汚れがついたままで装用していたり、目に花粉などのアレルゲン物質が付着したりすることによって目がかゆくなる、コンタクトの装用感が悪化するなどの症状が現れるトラブルです。 レンズがずれやすいだけでなく目のかゆみを感じたり目やにが増えたりした場合にも結膜炎になっている可能性があるため、コンタクトレンズの使用を控える必要があります。   コンタクトがずれた時の対処・予防方法 コンタクトレンズがずれた時にできる対処法や、ずれないための予防方法についてご紹介しましょう。   対処法 レンズがずれてまだ目の中にあるのかわからなくなった場合は慌てず、鏡を確認しましょう。レンズを見つけたらそれ以上動かないように目の外側を押さえながらレンズと重なるように目を動かします。 例えば、上にずれたレンズを発見した場合は上まぶたを指で押さえながら目線を上に移動してレンズと黒目を重ねてみてください。 位置が直らない場合は眼薬をさして再度行いましょう。どうしても直らない場合は眼科で相談をしたほうが安心です。 なお、眼の構造上、レンズが裏側などに行くことはないので安心しましょう。目の中にレンズが見当たらない場合は落ちた可能性も高いので、周辺をチェックしてみることをおすすめします。   予防方法 ずれの大半は乾燥が原因なので、目の乾燥を防ぐことが何より重要です。目の乾燥は冷暖房のきいた部屋に滞在することや、長時間コンタクトレンズを装用した場合にも起こります。 コンタクト用の目薬をさしたり、瞬きの回数を増やしたりすることで涙を目の表面に運べるので、乾燥を感じた際に行ってみましょう。 また、コンタクトをつける時に装着液を使用することで目に水分を補給できるので、乾燥予防に繋がります。 また、レンズを正しい向きで装用することが大切なのですが、これは装用前に注意する他ありません。指の上で必ず形を確認してから装用するようにしましょう。 これらの対処法で改善が見られない場合は結膜炎などの目の病気が隠れている可能性もゼロではないため、早めに眼科医に相談することをおすすめします。   コンタクトがずれる多くの原因は目の乾燥にある コンタクトがずれる原因と対処法についてご紹介しました。主に目の乾燥が原因となっているケースが多いほか、正しく装用していると思い込んでいるものの裏表が逆だったケースもあります。 正しく装用しているのにずれる場合はドライアイや目の病気の可能性もあるので、一度眼科で相談してみると安心です。   コンタクトレンズ通販のグランプリは、全商品メーカー正規品で様々なブランドのコンタクトレンズを特価で販売。在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。レンズケア用品はこちら➡

コンタクトレンズの酸素透過率とは?高い・低いの意味を解説!

コンタクトレンズを選ぶ際に、「酸素透過率」をチェックすることは欠かせません。 酸素透過率が何を示しているのか、どのような役割を持った数値なのか、ご存じない方も多いでしょうが、角膜の健康を維持するためには、該当の数値を意識してレンズを選ばなければなりません。 そこで今回の記事では、数値の意味や重要性について解説していきます。   コンタクトレンズの酸素透過率とは? コンタクトレンズの「酸素透過率」とは、レンズ装着時の目に届く酸素量を知るための指標です。 目は空気中から酸素を吸収しています。 レンズを装着しているとレンズに邪魔されて目に酸素が届きにくくなりますが、全く通さないわけではなく、酸素透過率が高いレンズほど多くの酸素を通します。 「Dk/L値」により表され、数値が高いほど酸素をよく通すレンズで、低いほど酸素を通さないレンズです。 酸素を透過する量は、レンズに使用されている素材の「酸素透過係数」と、レンズ自体の厚みによって算出されます。   酸素透過率(Dk/L値)の重要性 酸素透過率(Dk/L値)が重要だと言われている理由について解説します。   酸素不足により角膜のトラブルにつながるため 目の酸素が不足すると、角膜のトラブルが起こりやすくなります。 酸素不足の状態では、角膜の細胞分裂が行われにくくなり、新陳代謝が鈍ってきます。 新陳代謝が鈍った角膜では、傷がつくなどのトラブルが発生しやすくなることから、角膜の健康上、目に届く酸素の量は重要だと言えます。   感染症への抵抗力が低くなるため 酸素を透過しにくいコンタクトレンズを装着していると、感染症への抵抗力が低くなります。 目の酸素が不足すると角膜に傷がつきやすくなると前項で解説しましたが、角膜に傷がつきやすくなるということは、細菌やウイルスが侵入しやすい状態になっているということです。 酸素不足の目はとても危険な状態であり、感染症に罹患しかねません。   角膜障害のリスクが高くなるため 目にとっての酸素の必要性は、角膜障害のリスクに関する実態調査からも明らかです。 角膜の新陳代謝が低下することにより、傷がつきやすいだけでなく、角膜障害が発生するリスクをも上昇します。 酸素を透過しにくいコンタクトレンズを長く装着することは、角膜障害の発生率を高めることにもつながります。   コンタクトレンズ選びは「酸素透過率」も重視して コンタクトレンズ選びでは、度数・潤い・カラーなどだけではなく、「酸素透過率」も重視することが大切です。 目は空気中の酸素を取り込みながら機能しているため、酸素不足は非常に危険な状態。 角膜に傷がつきやすくなり、感染症のリスクを高めるだけでなく、角膜障害を発生させる可能性をも高めます。 目の健康を維持するためには、酸素透過率の意味と重要性を知って、数値の高いレンズを選ぶようにしてください。   コンタクトレンズ通販のグランプリは、全商品メーカー正規品で様々なブランドのコンタクトレンズを特価で販売。在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。UVカットで目にやさしい2weekのview itはこちら➡

ソフトコンタクトレンズのケア方法!ケア用品もご紹介

1dayタイプ以外のレンズを使っている人にとって、コンタクトレンズのケアは欠かせない日課です。 ただし、洗浄液につけるだけでは、レンズに付着した汚れを落としきることはできません。 レンズを最善の状態で使っていくためには、今回の記事でご紹介するような、正しいお手入れ方法を実践していくことが非常に重要です。   ソフトコンタクトレンズのケア方法とは? ソフトコンタクトレンズのケア方法について見ていきましょう。   つけおき洗浄・消毒 まずレンズのお手入れとして基本となるのが、つけおき洗浄と消毒です。 最近では洗浄と消毒の両方を一度に行える洗浄液も販売されており、洗浄液の中につけておくだけで洗浄と消毒が完了します。   こすり洗い洗浄 コンタクトレンズの汚れをしっかりと落とすときに必要なケアが、こすり洗い洗浄です。 その名の通り、レンズを指で物理的に擦って、付着している汚れを洗い落とす方法。 使った後のレンズには、脂質・カルシウム・汚れ・埃などが付着しており、つけおき洗浄だけでは落としきれません。 つけおき洗浄をした後でこすり洗い洗浄をすることで、浮き上がった汚れが落ちやすくなり、レンズの汚れをきれいに落としきれるようになります。   タンパク質除去 コンタクトレンズに不具合を感じたら、タンパク質除去のケアをしてください。 タンパク質除去とは、レンズに付着したタンパク質を取り除くこと。 目の乾きが気になる、レンズが曇る、レンズがなかなか取りはずせないなどの症状が見られたら、タンパク質が付着してる可能性が高いでしょう。 ソフトレンズの場合、最低でも週に1回はタンパク質除去を行い、レンズを最善の状態に保つようにしてください。   ソフトコンタクトレンズのケア用品 ソフトコンタクトレンズをお手入れするために便利なアイテムをご紹介します。   【アルコン】エーオーセプト クリアケア わずか6時間でつけおき洗浄が完了し、消毒も行ってくれるというアイテムです。 さらに、タンパク質と脂質もスッキリと綺麗に洗い流してくれるため、1本だけですべてのお手入れを完了させられます。 防腐剤が入っていないことから、目への悪影響も心配ないでしょう。   【メニコン】エピカクリア ソフトコンタクトレンズ用のタンパク質除去用洗浄液です。 酵素安定性が高いことから、6ヶ月以上の保管を行っても洗浄力が低下しないと報告されています。 タンパク質除去と消毒を同時に行ってくれることから、週に1回のスペシャルケア用として最適です。   【HOYA】シンプル オフ ケア コンタクトレンズの頑固な脂質汚れをスッキリと除去するアイテムです。 除去の対象となっているのは、脂肪・タンパク質・ムチン・カルシウム・メイク用品であり、レンズに付着しやすいほとんどの汚れに対応しています。 ソフトレンズだけでなくハードレンズにも使え、用途を選びません。   コンタクトレンズは毎日の正しいケアで清潔に コンタクトレンズは直接瞳に触れる高度管理医療機器なので、毎日の正しいケアを怠らず、清潔な状態で使うことが大切です。 ご紹介したように、つけおき洗浄・消毒・こすり洗い洗浄・タンパク質除去の4種類のお手入れを行っていれば、いつでもクリアな視界が確保でき、目への負担も軽減されるでしょう。 つけおき洗浄しかしていなかったという方も、今回の内容を参考に、正しいお手入れについて学んでください。   コンタクトレンズ通販のグランプリは、全商品メーカー正規品で様々なブランドのコンタクトレンズを特価で販売。在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。レンズケア用品はこちら➡