Grand Prix

在庫あり商品なら土日祝日も当日発送 & 送料無料

コンタクトレンズの役立つ知識 一覧

1日使い捨てコンタクトならワンデーピュアがおすすめ!

毎日新しいレンズに取り替える1日使い捨てタイプの「ワンデーピュア」は、衛生的で使いやすいと人気のアイテムです。ここでは、コンタクトレンズ通販のグランプリがおすすめする1日使い捨てコンタクトレンズ「ワンデーピュア」の魅力を紹介します。  ▶酸素透過性が高いワンデーピュア レンズに含まれる水分量が多いワンデーピュアは、つけ心地のよさだけでなく、酸素透過性が高いという特長があります。含水率の高いコンタクトレンズほど、レンズが酸素を通しやすいため、目の負担が少ないとされています。  ▶うるおい成分たっぷりのワンデーピュア 高い含水率でつけ心地のよさが続くワンデーピュアは、保存液に天然うるおい成分が配合されているため、うるおい感がさらにアップしているのが特長です。水分を引き寄せる両性イオン素材とアルギン酸の組み合わせによって、安定した目のうるおいをキープします。  ▶汚れを寄せつけない独自素材を採用したワンデーピュア ワンデーピュアは、水分を引き寄せながらも、汚れを寄せつけない独自素材を採用しています。脂質やたんぱく質などの汚れを寄せつけにくいので、簡単なお手入れで、目を清潔に保つことができます。  ▶乱視や遠近両用にも対応したワンデーピュア シードのワンデーピュアシリーズは、ワンデーピュアうるおいプラス、ワンデーピュアうるおいプラス乱視用、ワンデーピュアマルチステージと目の状態に合わせて様々な種類から選べます。適切なものを選ぶことで、見え方を快適に矯正できます。  ▶紫外線(UV)カット機能つきのワンデーピュア 目の老化を促進する原因ともなる紫外線対策には、UVカット機能つきのワンデーピュアがおすすめです。紫外線吸収剤が含まれるワンデーピュアは、通過する紫外線の量を減らす効果が期待できます。  当店は、在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。国内正規品のワンデーピュアシリーズをお探しなら、コンタクトレンズ通販のグランプリにお任せください。商品ページはこちら➡

【使用目的別】コンタクトレンズの商品タイプ

コンタクトレンズは、ソフトコンタクトレンズやハードコンタクトレンズのほか、1日使い捨てタイプや2週間使い捨てタイプなど、種類がたくさんあります。ここでは、コンタクトレンズの種類を使用目的別に紹介します。 ▶矯正用コンタクトレンズ コンタクトレンズは、近視や遠視、乱視、など、視力の度数や目の状態などに合わせて矯正するための器具です。ソフトコンタクトレンズには、近視用や乱視用など矯正目的で使える使い捨てタイプのコンタクトレンズがあります。ただ、矯正力はあまり強くないため、強い近視や乱視の方は目への酸素供給量が高い乱視用のハードコンタクトレンズが向いています。  乱視用コンタクトはこちら➡ ▶遠近両用コンタクトレンズ 矯正目的で使用できるコンタクトレンズは、老眼のためのレンズもあります。それが、遠近両用コンタクトレンズです。老眼は、加齢によりピントの調節力が低下した状態を指します。遠近両用コンタクトレンズは、1枚のレンズに遠視と近視の両方を矯正する加入度数が含まれていて、これにより遠くのものも近くのものも見えるように矯正します。  遠近両用コンタクトはこちら➡ ▶カラーコンタクトレンズ ファッションアイテムのひとつとして愛用されているのがカラーコンタクトレンズです。目の印象を変えることを目的としたカラーコンタクトレンズは、おしゃれ用レンズと呼ばれ、瞳の色を劇的に変化させることに特化したコンタクトレンズです。度あり・度なしと視力に合わせて度数を選べるレンズもあります。  カラーコンタクトはこちら➡

コンタクトレンズの種類について

コンタクトレンズには、ソフトコンタクトレンズ・ハードコンタクトレンズの2種類に大きく分けられます。 ▶ソフトコンタクトレンズの特徴 ソフトコンタクトレンズは、水分を多く含む柔らかい素材でできたコンタクトレンズです。弾力性に優れているため、装用した際に異物感を感じにくいのが特徴です。レンズの直径が黒目の部分よりも大きいため、目になじみやすく、ずれにくいとされています。外れにくいため、初めてコンタクトレンズを使用される方や激しい運動をされる方などにおすすめです。 ソフトコンタクトレンズは、使用できる期間によって、1日使い捨てコンタクトレンズ・2週間使い捨てコンタクトレンズ・1ヶ月使い捨てコンタクトレンズと、さらにタイプが分類されています。 ▶ハードコンタクトレンズの特徴 ハードコンタクトレンズは、水分がほとんど含まれていない硬い素材でできたコンタクトレンズです。酸素を多く通す性質をもつため、必要な酸素が目に届きやすく、目への負担が少ないのが特徴です。レンズの直径はソフトコンタクトレンズより小さく、個人差はありますが、耐用年数が比較的長いという特徴があります。 ハードコンタクトレンズは光学性に優れ、強制力が高いことから、乱視の矯正目的でコンタクトレンズを使用される方にもおすすめです。 ※コンタクトレンズを使用する際は、装用する人によって適切なタイプが異なります。どちらを使用するのかは自己判断ではなく、眼科医に相談することが大切です。

コンタクトレンズの正しい外し方を身に付けよう!

目の健康と安心安全のために、コンタクトレンズを使う際は必ず正しい使い方を確認しましょう。 ▶コンタクトレンズの正しい外し方 STEP1.手を石けんでよく洗う コンタクトレンズを外す前に、必ず手を石けんできれいに洗いましょう。手に付いた水分は清潔なタオルでしっかり拭き取ります。 STEP2.鏡でコンタクトレンズの位置を確認する 鏡を正面から見て、コンタクトレンズの位置を確認します。 STEP3.指を使って目を大きく開く 利き手と反対の手の人差し指で上まぶたのまつげの生え際を押さえて、ゆっくり引き上げます。利き手の中指で下まぶたを押さえて、目を大きく開きます。 STEP4.指でコンタクトレンズをつまんで外す 目を大きく開いたら、利き手の人差し指と親指を使ってコンタクトレンズをつまんで外します。目とコンタクトレンズの間に空気が入り込むと、簡単に外れます。レンズをつまむときは、人差し指と親指をV字型になるようにくっつけて、爪があたらないように注意して下さい。 ▶コンタクトレンズを外すときのコツ コンタクトレンズを外すときは、目が乾いているとうまく外せない場合があります。乾燥している場合は、コンタクトレンズを外す前にまだたきをして目が潤った状態で行ってください。また、指に水気がある状態だとコンタクトレンズをつかんだ指がすべってしまい、うまく外せない場合があるので清潔なタオルで水分を拭き取った状態で行いましょう。 コンタクトレンズがうまく外せないときは、鏡を正面から見た状態であごを引き、上目遣いで行うとコンタクトレンズが外しやすくなります。

コンタクトレンズの正しい付け方を身に付けよう!

目の健康と安心安全のために、コンタクトレンズを使う際は必ず正しい使い方を確認しましょう。 ▶コンタクトレンズの正しい付け方 STEP1.手を石けんでよく洗う コンタクトレンズを付ける前に、必ず手を石けんできれいに洗いましょう。爪が伸びているとコンタクトレンズや目を傷つける恐れがあるため、あらかじめ爪を切っておきましょう。  ▶コンタクトレンズの正しい付け方 STEP1.手を石けんでよく洗う コンタクトレンズを付ける前に、必ず手を石けんできれいに洗いましょう。爪が伸びているとコンタクトレンズや目を傷つける恐れがあるため、あらかじめ爪を切っておきましょう。  STEP2.利き手の指にコンタクトレンズをのせる コンタクトレンズをケースからつまんで取り出し、コンタクトレンズの凹面を上に向けて利き手の人差し指の上にのせます。ソフトコンタクトレンズの場合、表と裏をよく確認してください。  STEP3.指を使って目を大きく開く コンタクトレンズをのせた手の中指を使って、下まぶたを押さえ目を大きく開きます。もう一方の手の人差し指で、上まぶたのまつげの生え際あたりを押さえ、黒目が見えるようにしっかり引き上げます。  STEP4.コンタクトレンズを黒目にのせる コンタクトレンズを目にゆっくりと近づけ、黒目にのせます。鏡に映っている目を正面から見ることで、コンタクトレンズを入れやすくなります。コンタクトレンズが黒目にのったら、指を離します。  STEP5.見え方を確認する まぶたから指を離したら、コンタクトレンズを付けた目の見え方を確認します。一方の目に手をかぶせて、コンタクトレンズを付けた目の見え方や、目に不快感などがないか確認します。  ※コンタクトレンズを装着した後に、目に強い痛みや不快感があった場合は、すぐにコンタクトレンズを外してください。