Grand Prix

在庫あり商品なら土日祝日も当日発送 & 送料無料

コンタクトレンズの役立つ知識 一覧

コンタクトレンズ用の目薬は普通のものと違う?種類や用途もご紹介

コンタクトレンズを装着する際、一般的な目薬とコンタクトレンズ用の目薬のどちらかで迷うことがあるかもしれません。   裸眼の場合は一般的な目薬を使用しますが、コンタクトレンズ用とはどのような違いがあるのでしょうか。   ここでは、2つの目薬の違いや用途について紹介します。    コンタクトレンズ用と普通の目薬の違い コンタクトレンズ用と普通の目薬の違いについて詳しくみていきましょう。    一般的な目薬 裸眼用の目薬は、瞳を乾燥から守るという点ではコンタクト用の目薬と同じですが、目そのものに血管収縮作用を与えたり、眼球を潤したりする役割があります。   特に血管収縮作用を与える目薬は、コンタクトをつけたまま点眼すると効果が薄れてしまうため、必ず裸眼の状態で点眼してください。   また、花粉症対策用のかゆみ止め成分を配合した目薬なども、裸眼用のものとして販売されています。    コンタクトレンズ用目薬 コンタクトレンズ用目薬は、眼球が乾燥してレンズが張りついたり、眼球とレンズとの摩擦によって目がダメージを受けたりしないように潤す役目があります。   コンタクトをつけたままでも点眼できるので、外出先や仕事中などの合間の乾燥対策にも役立ちます。   また、コンタクトレンズを装着する際に一般的な目薬を使用することは避けましょう。   一般的な目薬には防腐剤が含まれているものがありますが、点眼後にレンズをぴったりと眼球に張りつけてしまうと、防腐剤成分が目に良くない影響を与える可能性があります。   必ず裸眼用の目薬は裸眼の状態で、コンタクトレンズ用はレンズ着用時に点眼をするようにしてください。    コンタクトレンズ用の目薬の種類や用途 コンタクトレンズ用の目薬の種類や用途を確認していきましょう。    乾燥防止用目薬 コンタクトレンズをつけた状態で点眼できる目薬です。レンズと瞳の両方を潤し、レンズが張りついて摩擦やダメージを与えないように予防してくれます。    眼科用薬 花粉症・ドライアイ・緑内障などさまざまな目のトラブルに特化した目薬で、コンタクトレンズの上から点眼できるものもあります。   緑内障などの特定の疾患については、眼科で検査を受け症状が確定されたのちに処方されます。    潤い重視のコンタクトレンズが豊富 目薬には一般用・コンタクトレンズ用に分けられるほか、緑内障などの眼科専用の薬剤も販売されています。   目を長く大切に使っていくためには、用法・用量を守って正しく使い分けることが大切です。     コンタクトレンズ通販のグランプリでは、コンタクトレンズ用の目薬や潤いを重視したコンタクトレンズを取り扱っています。 「シード ワンデーピュアうるおいプラス」は天然の潤い成分アルギン酸を配合し、1日使い切りで清潔に装着できるコンタクトレンズ。UVカット機能もついており外出時にも活躍します。 コンタクトレンズの装着中も目に優しいコンタクト専用目薬を活用して、クリアな視界をキープしましょう。 ワンデーピュアうるおいプラスはこちら➡

コンタクトレンズの正しい洗い方とダメな洗い方を解説します!

ワンデー以外のコンタクトレンズは、取り外すたびに正しくケアをすることが大切です。   目についたゴミ汚れや雑菌、花粉などはレンズ本体にも付着しているため、きれいに洗い流さなければいけません。   ここではコンタクトレンズの正しい洗浄方法と、正しくない方法について紹介します。    コンタクトレンズの正しい洗い方 ソフトレンズ・ハードレンズ、それぞれの正しい洗い方を確認していきましょう。    ソフトレンズの洗い方 きれいに手を洗い、ソフトレンズを手のひらに乗せて、たっぷりと洗浄液を含ませます。   指のはらでレンズを同じ方向に向かって20回から30回程度こすります。往復ではなく1方向にこするようにしましょう。   次にレンズを裏返して洗浄液をたらし、同じように20回〜30回こすります。 ※裏返した後は必ず表に返してください。   レンズの両面を洗浄液でしっかりとすすいで、表面に残っている汚れなどを取り除きます。   すすぎ終えたら液を満たしたレンズケースに入れて、キャップを締めて4時間以上つけ置きをしてください。    ハードレンズの洗い方 ハードレンズはレンズを外したタイミングで、ハードレンズ専用の洗浄保存液につけて保存します。   保存後、レンズをつける前にきれいに手を洗い、凹面が上になるようにハードレンズを手のひらに乗せて、洗浄液をレンズの表面に落とします。   指のはらでレンズを同じ方向に向かってやさしくこすりましょう。このときレンズを反転させないように、力加減に注意してください。   指の腹でレンズの凹面を、手のひらでレンズの凸面を洗います。こすり洗いの後は水道水ですすぎ、装着します。    コンタクトレンズのダメな洗い方 コンタクトレンズの誤った洗い方についてもみていきましょう。    爪で汚れをこする 爪先でガリガリと汚れを落とすことは、レンズの傷や破損に繋がります。    水のみで洗う コンタクトレンズは必ず洗浄液を使い、水のみで洗わないように注意しなければなりません。   水だけでは汚れが落ちきらず、表面に付着した雑菌もそのまま残ってしまうため、衛生的にレンズを使用するためにも洗浄液を使用するようにしましょう。    石鹸や洗顔フォームで洗う 石鹸や洗顔フォームではコンタクトレンズの表面についた汚れが落ちきらない可能性があり、汚れの洗い残しやレンズの変質を招くおそれがあるため避けましょう。    正しいケア方法で安全に使用する 使い切りタイプ以外のコンタクトレンズは、正しい方法で保存・消毒・洗浄することが大切です。   ケア方法を誤ってしまうとレンズの変質や破損を招くほか、雑菌が繁殖して目のトラブルを招くおそれもあります。   上記で紹介した方法のほか、説明書や医師の指示にしたがって正しくケアを行ってください。    コンタクトレンズ通販のグランプリは、全商品メーカー正規品で様々なブランドのコンタクトレンズを特価で販売。在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。レンズケア用品はこちら➡

コンタクトレンズには乱視用もあるの?

コンタクトレンズはメガネをかける手間やわずらわしさがなく、ファッション用としても活躍するアイテムです。 度なしや近視用のレンズは一般的に利用されていますが、乱視用のレンズも販売されているのか気になるところ。 ここでは、乱視用のコンタクトレンズについて詳しく紹介していきます。   コンタクトレンズに乱視用のものはあるの? メガネと同じく、コンタクトレンズにも乱視用のものがあります。   乱視用のソフトコンタクトレンズは「乱視用ソフトコンタクトレンズ」または「トーリックソフトコンタクトレンズ」と呼ばれています。   乱視用のコンタクトレンズは、目のゆがみとは反対方向のゆがみを持たせたレンズを正しい向きに入れるだけで、お互いのゆがみが打ち消し合って正しいものの見え方になる仕組みです。   通常のコンタクトレンズでは目の動きやまばたきなどをすることでレンズが動いてしまいますが、乱視陽のコンタクトレンズは眼球の上でレンズが動かないように特殊なデザインが施されています。   乱視用コンタクトレンズの特徴と価格相場 普通のコンタクトレンズと比較した場合、乱視用コンタクトレンズにはどのような特徴があるのでしょうか。   価格の相場についても解説していきます。   乱視用レンズの特徴 乱視用ソフトコンタクトレンズは大きく分けて2種類に分けられます。   レンズの下部が少しずつ厚くなっており、おもりの役割をしてレンズの動きを抑制する「プリズムバラスト」と、レンズの上部・下部のみが薄くなっている「ダブルスラブオフ」があります。   どちらもおもりをかけて目の動きに耐えるという点では同じですが、プリズムバラストは乱視度数が縦に入る直乱視に、ダブルスラブオフは横方向に乱視度数が入る倒乱視に適しています。   コンタクトレンズは眼球の上でまばたきのたびに回転しますが、乱視矯正用のレンズはおもりの力で回転を抑制するので、自分の目の乱視タイプに合ったものを選ぶことで正しい位置に安定させ、ものをクリアに見ることができるのです。   乱視用レンズの価格相場 コンタクトレンズの価格相場はメーカー・性能・使用タイプなどによって変わります。主に「長期使用タイプ」と「使い捨てタイプ」に分けられ、長期使用タイプのほうが価格は安いです。   使い捨てタイプには「ワンデー(1day)」と呼ばれる1日のみの使い捨てと、2week・1monthなど比較的長期にわたって使えるものがあります。   いずれも使用環境や状況に応じて選ぶべきであり、乱視の方は必ず目の乱視タイプ・度数に合うものを探すようにしてください。   自分の目に合うレンズを選ぶ 乱視用レンズは縦乱視・倒乱視にそれぞれ対応しており、長期的に使えるものも登場しています。   必ず眼科で検査・検診を受け、自分の目に合う使いやすいレンズを選ぶようにしましょう。   当店は、在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。コンタクトレンズ通販のグランプリは、全商品メーカー正規品で様々なブランドのコンタクトレンズを特価で販売。乱視用コンタクトはこちら➡

コンタクトレンズの購入に処方箋は必要?

コンタクトレンズの購入には、ほとんどの場合処方箋(眼科の受診)が必須となります。 そもそもなぜ処方箋が必要になるのか、具体的な理由や実際の診察の流れについて紹介します。 コンタクトレンズは処方箋が必要なの? コンタクトレンズを購入する際、必ず処方箋が必要なのでしょうか。処方箋が必要な理由を詳しくみていきましょう。   見え方をクリアにするため コンタクトレンズは本来ファッション用ではなく、メガネの代用品として作られたものです。   視力の悪い人が、自分の目に合わない度数のコンタクトレンズを付けてしまうと、ものの見え方が悪くなり事故やケガなどに繋がるおそれも。   外出時や仕事中などに普段使いをする予定の方は、視力をクリアにしてくれるコンタクトレンズを選ぶようにしましょう。   レンズ装着に適しているか確認するため そもそも目に異常やトラブルがあると、コンタクトレンズの装着によってさらにトラブルが悪化するおそれがあります。   自分の目がレンズの装着に適しているか、他に考えられる病気やトラブルの可能性がないかなどを確認するためにも、眼科での診察が推奨されています。   コンタクトレンズの処方箋の作り方 コンタクトレンズの処方箋の作り方についても確認していきましょう。   問診 眼科にて、問診用紙に目の状態やコンタクトレンズ装着の理由を書き、医師による診察が行われます。   目の検査 目の健康状態を実際にチェックします。ここで目に異常やトラブルがないかを判断します。   装着テスト 実際にトライアル用のコンタクトレンズを装着し、目に合うかどうかをチェックします。自分に合うレンズの度数もここで確認することができます。   レンズの決定 上記のテストで、自分に合うレンズが決定されます。   使用についての説明 コンタクトレンズ使用上の注意点や付け方、外し方、レンズのお手入れ方法が説明されます。定期検査についての案内や目のトラブル防止に関するアドバイスもあります。   コンタクトレンズの処方箋に有効期限はあるのか コンタクトレンズの処方箋は、眼科によって有効期限が設けられています。   短いところでは14日としているところもありますが、3ヶ月などまとまった期間が有効期限に設定されている場合もあります。   処方箋を提示して購入する場合は、必ず有効期限が過ぎないようにコンタクトレンズを購入しなければなりません。   大手のコンタクトレンズメーカーでは店舗から最寄りの眼科を紹介してもらえますので、有効期限が過ぎていても眼科の受診によってその日のうちに購入できる場合が多いです。   安全にコンタクトレンズを使用する 処方箋なしで買えるコンタクトレンズには、粗悪なものや品質の悪いものなどが含まれています。   インターネット販売では自分の目に合わない度数のレンズを選んでしまうリスクもあるため、安全に使用するためにも眼科を必ず受診するようにしましょう。   当店は、在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。コンタクトレンズ通販のグランプリは、全商品メーカー正規品で様々なブランドのコンタクトレンズを特価で販売。レンズケア用品はこちら➡

コンタクトレンズの付け方で知っておきたいコツをご紹介

コンタクトレンズを付けるときは、誰もが戸惑うもの。回数をこなしていくと慣れていきますが、レンズをスムーズに装着するためにはいくつかのコツがあります。 ここでは、コンタクトレンズの付け方のコツと入らない時の原因について紹介します。   コンタクトレンズの付け方にはコツがある! コンタクトレンズの付け方のコツを詳しくみていきましょう。   指先は濡らさない レンズが滑ってうまく装着できないため、指先は濡れていない清潔な状態にしておきます。   レンズを指先にのせる レンズは指で挟んだり、ピンセットでつまんで付けるとずれてしまうおそれがあります。レンズを人差し指の指先にのせて装着しましょう。   目を大きく開く 目を大きく開いて、指にのせたレンズが入りやすいようにします。目を閉じてしまったり、すき間から入れようとすると落下やずれのおそれがあります。   正面を向く コンタクトレンズは黒目部分にまっすぐ装着しなければならないため、体も正面を向いて目線はまっすぐにします。   鏡をまっすぐ見つめながら、目を上下左右に動かさないよう注意してください。   空気が入らないように装着する レンズと目の間に空気が入ると、異物感や違和感につながります。装着の際は空気が入らないようにぴったりと目に付けるようにしましょう。   コンタクトレンズがなかなか入らない時のよくある原因 次に、コンタクトレンズがなかなか入らない時の原因についてみていきましょう。   目を動かしすぎる 恐怖心や違和感から、レンズを装着する際に目を動かしすぎることでうまく装着ができない場合があります。   できるかぎりまばたきはせずに、正面をしっかりと見て装着しましょう。   まばたきが多い まばたきの回数が多いと、レンズが挟まってしまったりずれて装着されたりと、トラブルの原因になります。   装着時は一点をまっすぐ見つめ、黒目にぴったりと装着できるように視線も固定するようにします。   目の中に異物が入っている 目がゴロゴロしていると、それだけでレンズの装着に支障をきたしてしまいます。   外出中は特に外のほこりやゴミが目に入りやすいので、個室や洗面所など目に異物が入らない環境で装着しましょう。   また、室内でもほこりやまつげが目に入っているとレンズの装着がうまくいかなくなってしまうため、目の中も清潔にしておくと安心です。   装着には慣れが必要 はじめのうちはコンタクトレンズが異物や怖いものに見えてしまい、うまく入らないことがあるかもしれません。   人差し指の先端部分にのせて目をしっかり開き、視線は正面を向くようにします。この状態でまばたきを一瞬我慢すれば、うまくコンタクトレンズが入るようになります。   焦らずに何度かレンズの装着を繰り返して慣れていきましょう。   当店は、在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。コンタクトレンズ通販のグランプリは、全商品メーカー正規品で様々なブランドのコンタクトレンズを特価で販売。UVカットで目にやさしい「2week ビューイット UV」はこちら➡

コンタクトレンズが取れない時の対処法について解説

コンタクトレンズのトラブルのひとつに、目の中が乾燥して取れなくなってしまうというものがあります。目に貼り付いたレンズは簡単に剥がせないため、万が一の対処法についてチェックしておきましょう。ここではコンタクトレンズが取れなくなった場合の対処法と予防法をそれぞれ紹介します。   コンタクトレンズが取れない時はどうすればいい? コンタクトレンズが取れない時の対処法について詳しくチェックしていきましょう。   目の状態を確認する 慌てずに鏡で目の中を確認します。コンタクトレンズは目の裏側に回ることはないので、目を動かしたりまぶたをめくったりして、レンズの位置を確認してください。   目薬をさす 手持ちの目薬をさし、目の中に水分を補充してみます。自分の涙で水分を足すこともできます。 レンズが正しい位置にあれば、普段通りにコンタクトレンズを外します。 それでも外れなければ、まぶたの上からレンズのふち部分を押さえて目を耳の方向に動かすと、レンズが浮き上がるので取り外すことができます。 コンタクトレンズが白目側にずれている場合も、ふちを押さえて目を動かしましょう。   流水や洗面器にはった水で落とす 流水で目に水分を足すか、洗面器に水またはお湯をはって顔をつけてまばたきをすると、コンタクトレンズが自然に外れます。 ただし紛失のおそれが高い方法のため、まずは自分の涙で目を潤すか、目薬をさす方法で対応してください。   目の中にあるが取れない 何をしても取れない、外れないときには眼科を受診してください。症状がなかったり目の中に見当たらなかったりする場合でも目の中にレンズが残っていることがあります。   コンタクトレンズが目にくっつかないようにする方法 コンタクトレンズが目にくっつかないようにするための方法を紹介します。   こまめに目薬をさす レンズの装着中はこまめな目薬タイムを設けるようにしてください。乾燥している感じがあれば、携帯している目薬でこまめに水分を補給してあげましょう。   乾燥を避ける 極端な乾燥は、コンタクトレンズを装着中の目に良くありません。長時間レンズを装着しがちな自宅では加湿器を活用し、乾燥した空気に目をさらしすぎないように注意してみてください。   長時間装着しない コンタクトレンズの装用は使用方法や説明書きを守り、推奨されている装着時間を超えないようにしましょう。   使用上の注意と目を守ろう コンタクトレンズを装着するポイントは、第一に自分の目に合うものを選ぶこと、そして目を守ることです。 目の乾燥はレンズが外れないトラブルを招きやすいので、こまめな点眼を。長時間の装用も避けるようにしましょう。   当店は、在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。コンタクトレンズ通販のグランプリは、全商品メーカー正規品で様々なブランドのコンタクトレンズを特価で販売。レンズケア用品はこちら➡

コンタクトレンズを初めて買う時に知っておきたいポイント

コンタクトレンズを初めて購入する場合、どのお店で買えるのか・どうやって買えるのかが気になるかもしれません。 簡単に買えるといっても直接目の中に入れるものですから、失敗しないように注意しなければなりません。 ここでは、コンタクトレンズを初めて買う場合の流れと失敗を防ぐためのポイントについて紹介しています。   コンタクトレンズを初めて買う場合の流れ 初めてコンタクトレンズを買う場合の流れをみていきましょう。   ほしいコンタクトレンズを探す コンタクトレンズの専門店などで、希望の店舗や商品を探します。割引情報などもあわせてチェックしましょう。   店舗で相談する 実際に店舗へ行き、購入を希望しているコンタクトレンズを探す方法もあります。初めての方は店員さんと話し合い、目や顔に似合うコンタクトレンズを探しましょう。   眼科での診察 店舗で紹介してもらった眼科で視力の検査やコンタクトレンズが使用できる状態であるかを診察してもらい、希望のレンズを処方してもらいます。 有効期限が過ぎていない指示書などを持っている場合は、眼科の診察を受けずにコンタクトレンズを購入することができます。 ただし、コンタクトレンズは必ず処方箋が必要というわけではないため、インターネットなどでそのまま購入することも可能です(目が悪い方は必ず視力に合う度数のレンズを選ぶようにしましょう)。   コンタクトレンズの度数やデータがわかっていれば、すぐにネットで購入することができます。   購入 コンタクトレンズの処方を受けた方は、当日中に商品を購入・受け取ることができます。レンズの度数や在庫状況によっては後日取り寄せになる場合があります。   初めての購入で失敗しないためのポイント コンタクトレンズを購入する際に、失敗しないために知っておきたいポイントを確認していきましょう。   視力に合う度数を選ぶ 視力低下がある方は、ファッション用のコンタクトレンズでも目に合うものを選ぶ必要があります。 コンタクトレンズを入れることでさらにものの見え方が悪くなり、思わぬ事故やケガを防ぐためです。   カラコンなら、色柄のチェックも 定番の黒や茶色のほかにも、目を大きく見せてくれる色柄・デザインが豊富に揃っています。 学校や会社につけていくのに派手すぎないか、自分の表情に合っているかなど、色や柄を確認してから選びましょう。   自分に合うものを選ぶ コンタクトレンズは視力矯正用に使用するものがほとんどですが、ファッション用として装着できるものもたくさん販売されています。   見た目のデザインはもちろん、視力矯正が可能な度数・デザインなど、自分に合うものを選ぶようにしてください。   当店は、在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。コンタクトレンズ通販のグランプリは、全商品メーカー正規品で様々なブランドのコンタクトレンズを特価で販売。カラーコンタクトはこちら➡

コンタクトレンズを作る時の検査とは?流れや費用目安を紹介

コンタクトレンズを作る際に、眼科へ受診しなければなりませんが、どのような検査を行うのか気になる方もいるでしょう。また、費用についても心配される方も多いので、今回は検査の内容と目安となる費用についてまとめました。これからコンタクトレンズを作りたいと考えている方は、ぜひ参考にして費用を準備してください。    コンタクトレンズを作る時の検査の流れ コンタクトレンズを作るときに、眼科へ受診した際の検査の流れについて解説しています。眼科へ行く際の参考にしてください。    眼科へ受診 コンタクトレンズを購入するためには、眼下の処方箋が必要となります。特に初めて購入される方は、眼科へ受診して検査を受けることが重要となるので、必ず眼科へ行きましょう。お子様の場合は保護者も一緒に同伴してください。眼科医がいる販売店もありますが、できるだけ眼科専門の病院へ行って、しっかり調べてもらうことをおすすめします。    検査の種類や内容 眼科へ行ったらどのような検査を行うのか、確認していきましょう。    ・問診 眼科で受付をした後は問診票をもらうので、どんな目的で来たのかを記載してください。コンタクトレンズの検討のためという理由以外にも、目に違和感を感じていれば必ず記載しましょう。 ・目の検査 眼科医によって目の健康状態を目視や機械を使って検査が行われます。コンタクトレンズの使用が目的なら、ドライアイチェックなど目的に合った検査が行われるでしょう。眼圧チェックや目に傷がないか、病気が潜んでいないかなど瞳の奥もしっかりチェックされます。遠視や近視などの確認も、目の状態検査で行われるでしょう。 ・視力検査 コンタクトレンズの度数を合わせるために、視力の検査を行います。視力検査の後は、専用のメガネとレンズを使用して、どの度数なら見えやすくなるのかチェックしてもらいます。ここで、最終的なコンタクトレンズの度数を出してもらうことができるのです。   コンタクトレンズの検査にかかる費用目安 続いて、コンタクトレンズの検査費用について、状況に分けて解説していきます。費用は一般的な目安なので、病院などによって違いが出ることも注意してください。    コンタクトレンズを初めて処方する場合の費用 初めての受診であれば以下のような金額が目安となります。   初診料+コンタクトレンズ検査料=費用   保険適用で3割負担の場合「費用×0.3」となり、目安として1,000円〜2,000円程度となります。 ただし、病院によって違いがあるので、用意する金額には気をつけてください。    コンタクトレンズを2回目以降の受診で処方する場合 行きつけの眼科で再診扱いとなった場合の費用の目安は以下のようになります。   再診料+明細書発行加算+コンタクトレンズ検査料=費用 保険適用で3割負担の場合「費用×0.3」となり、目安としての費用は300円〜1,000円前後程度となるでしょう。 こちらも眼科によって違いがあるので、用意する金額に注意してください。    コンタクトレンズの処方と点眼薬などの処方がある場合 点眼薬や他の検査を行った場合の費用については、検査料と処方料などが加算されます。   【初診の場合】初診料+コンタクトレンズ検査料+処方料+検査料=費用×0.3 目安としてはおよそ初診の場合から200円〜1,000円ほど加算される可能性もあります。   【再診の場合】再診料+明細書発行加算+コンタクトレンズ検査料+処方料+検査料=費用×0.3 再診の場合も再診の目安の費用に200円〜1,000円は加算される可能性があります。 病院によって検査の種類なども変わるので、料金に違いが出るため気をつけるようにしましょう。    コンタクトレンズを作るまでが重要 コンタクトレンズは簡単には作ることができません。眼科への受診は必須なので、目の健康を守るためにも必ず受診してから購入してください。また、費用については眼科によって、検査を行う項目や種類のほかコンタクトレンズ検査料にも違いがあるため全ての病院が同じということはありません。目安の料金は参考にしながら、しっかりと眼科へ受診するようにしてください。   当店は、在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。コンタクトレンズ通販のグランプリは、全商品メーカー正規品で様々なブランドのコンタクトレンズを特価で販売。レンズケア用品はこちら➡

コンタクトレンズのベースカーブ(BC)の意味と自分に合う選び方

コンタクトレンズにはベースカーブと呼ばれる表記がありまずが、数値の意味を知っている方は少ないでしょう。知らないままでコンタクトレンズを選んでしまうと、失敗したと感じる原因にもなります。 適切で快適なコンタクトレンズを選ぶためにも、今回はコンタクトレンズのベースカーブについて紹介しますので、ぜひ選ぶ参考にしてください。    「コンタクトレンズのベースカーブとは?」 コンタクトレンズのベースカーブについて、意味や数値などを紹介していきます。    コンタクトレンズのベースカーブの意味とは コンタクトレンズのベースカーブとは、コンタクトレンズが丸くなった部分を数値化したもののことです。目の形には個人差がありそれぞれ人によって形が異なるため、ベースカーブで選ぶことができるよう記載されています。レンズのカーブを変えれば、コンタクトレンズをよりフィットさせることができることから、自分に合うコンタクトレンズを見つけることができるでしょう。    ベースカーブの数値について ベースカーブは数値で表されているので、数値を見ることでどのくらいのカーブなのかを確認することができます。多くのベースカーブが「BC」と表記され、コンタクトレンズのパッケージなどに記載されているでしょう。ソフトレンズはもともと柔らかい素材で作られているので、あまりベースカーブを気にする必要がない方も多いです。しかし、ハードレンズは硬いのでフィットさせるためにはベースカーブを選ぶことが重要となります。このように、レンズによってベースカーブの形状が変わるため、個人差のある眼球の形状に合わせることができるのです。    「ベースカーブ(BC)の見方や選び方」 続いては、ベースカーブの見方や選ぶ方について紹介していきますので、コンタクトレンズ選びの参考にしてください。    ベースカーブの見方について ベースカーブの見方については、数値が大きいほどカーブが緩く小さいほどカーブがきついとして見ることができます。数値は曲がりの度合いを表していると考えて見ると良いでしょう。また、ソフトコンタクトレンズは素材が柔らかくフィットしやすい形状なので、ベースカーブが少なくても対応することができます。反対に、ハードコンタクトレンズは素材が硬いのでフィットさせるためにはより多くのベースカーブから選ばなければなりません。ハードコンタクトレンズはフィット感が重要となるので、細かな数値から自分に合ったベースカーブを選ぶことになるでしょう。    ベースカーブの選び方 ベースカーブの選び方は、まず自分の目の形状を知ることから始めます。目の形状を知るためには眼科へ受診し、適切な検査を受けてください。県債の際に自分でベースカーブを聞くと良いでしょう。ベースカーブは自分で測ることはできませんので、注意してください。また、ベースカーブを知らずに、自分で選んでしまうと失敗するので、あわせて注意しましょう。    コンタクトレンズ選びはベースカーブも重要 コンタクトレンズは装用感や素材などで選ぶ方が多いですが、ベースカーブも大きく影響する場合があります。ソフトコンタクトレンズでも、ある程度自分のベースカーブを知っていれば、近いものが選べてフィット感も高まります。快適に使用し続けるためにも、まずは自分の眼球のベースカーブをしっかり調べて、適したコンタクトレンズを選びましょう。    コンタクトレンズ通販のグランプリは、全商品メーカー正規品で様々なブランドのコンタクトレンズを特価で販売。在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。UVカットで目にやさしい2weekコンタクトレンズはこちら➡

コンタクトレンズのソフトとハードの違いや特徴を解説

コンタクトレンズにはソフトとハードに2種類がありますが、どちらを選べば良いのか分からない方もいるでしょう。そこで今回、ソフトコンタクトレンズとハードコンタクトレンズの特徴や違い、向いている方について解説しています。選び方ひとつで生活にも大きく影響するので、どちらが自分に合っているのかしっかり考慮して選ぶようにしましょう。    「ソフトコンタクトレンズの特徴」 ソフトコンタクトレンズの特徴と、ハードコンタクトレンズとの違いのほか、向いている人などについて確認していきましょう。    ソフトコンタクトレンズの特徴について ソフトコンタクトレンズの特徴といえば、素材が柔らかいということです。素材が柔らかいということは、目にフィットしやすく装着しやすいメリットもあります。また、フィットしやすいことから外れにくいという特徴もあるのです。水分も多く含んでいることから装用時の違和感を感じにくいでしょう。    ハードコンタクトレンズとの違い ソフトコンタクトレンズとハードコンタクトレンズの違いは、素材の硬さと大きさです。ソフトコンタクトレンズは柔らかく比較的黒目より大きいサイズですが、ハードコンタクトレンズは黒目より小さく素材も硬いです。また、ハードレンズよりもソフトコンタクトレンズは種類が多く、近視だけではなく遠視や乱視のほか遠近両用などの対応もあります。使い捨てタイプがあるのもソフトコンタクトレンズになり、ハードコンタクトレンズにはないことからも大きな違いとなっています。    ソフトコンタクトレンズが向いている人 ソフトコンタクトレンズは柔らかく、異物感があまりないのでコンタクトレンズ初心者の方でも慣れやすく向いているでしょう。他にもずれにくさや外れにくさもあるので、ハードな動きにも対応ができスポーツをする方にも向いています。    「ハードコンタクトレンズの特徴」 続いてはハードコンタクトレンズについても、詳しく説明しているので確認してください。    ハードコンタクトレンズの特徴について ハードコンタクトレンズは素材が硬い特徴があります。また、まばたきでも動くので、涙液交換がスムーズになり目の酸素供給がスムーズにできるのです。フィット感はあまりありませんが、異物が混入するとわかりやすいため、目の異常などにもすぐに気がつくことができるでしょう。また、正確に光に屈折調整が可能なので、乱視矯正力にも優れているのも大きな特徴です。    ソフトコンタクトレンズとの違い ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズの違いは、ハードコンタクトレンズには酸素透過性タイプがあることです。メーカーによって酸素を通す量などに違いはありますが、酸素をたくさん通すことができるハードレンズが多く、目への負担もかかりにくいでしょう。フィット感もソフトコンタクトレンズよりはあまり感じられませんが、動くことによって涙液交換がスムーズになるメリットもあります。    ハードコンタクトレンズに向いている人 ハードコンタクトレンズは乱視矯正に優れているので、乱視がきつくソフトコンタクトレンズでは矯正できない方に向いています。また、涙液交換がスムーズにできるので、涙が日頃から少なく目が乾きやすい方や乾燥した場所で過ごすことが多い方にも向いているでしょう。特に乾燥した場所で長時間コンタクトレンズを使用される方はハードコンタクトレンズの方が、目にも優しいため適していると言えます。    自分の生活に合ったコンタクトレンズを選ぼう コンタクトレンズの種類を選ぶときには、まず自分の生活環境に合うかどうかを考えてみてください。乾燥した場所に常にいるか、激しい動きをしているかだけでも選ぶ基準となるはずです。どちらにもそれぞれメリットがあるので、どのメリットが生活に合っているのかを考慮して、最適なコンタクトレンズを選んでください。   コンタクトレンズ通販のグランプリは、全商品メーカー正規品で様々なブランドのコンタクトレンズを特価で販売。在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。レンズケア用品はこちら➡