Grand Prix

在庫あり商品なら土日祝日も当日発送 & 送料無料

コンタクトレンズの役立つ知識 一覧

子供のコンタクトレンズは何歳から?使用時の注意点などを解説

コンタクトレンズは大人なら当たり前のように選択することができますが、子供でも使用できるのか、疑問を持たれている保護者の方も多いでしょう。特にメガネでは不自由する場合も多くあります。 今回は、そんな保護者の方とお子様のために、コンタクトレンズが何歳から使用できるのかについてまとめました。 検討されている方も参考にしてください。   「子供のコンタクトレンズは何歳から使える?」 まず、コンタクトレンズが何歳から使用できるのか、誰でも使用できるのかについて紹介してきます。   コンタクトレンズの年齢制限について コンタクトレンズには、使用についての年齢制限はありません。そのため、目が悪くメガネでは視界が狭い、メガネではぶつかったりした時に危険だと感じる場合には、利用しても問題はありません。 実際に、最近ではコンタクトレンズを使用している子供も多く、小学生からの使用も増えています。小学生だから使用することができないということはありませんので、必要であれば使用してもよいのです。 ただし、子供だけで使用するかを決めたり、購入することはできないため必ず保護者が決めてください。そして、購入の前にも必ず保護者同伴で眼科へ行き、相談することから始めましょう。   すべての子どもがOKではない 眼科への受診はどんな人でも、コンタクトレンズを装用する場合は必要となります。そのため子供もコンタクトレンズを装用したい場合は、まず眼科へ相談しなければなりません。特に子供の場合は、しっかりと眼科で検査してもらった方が良いですね。 さらに、眼科へ受診した際に、コンタクトが使用できるかどうかを判断してもらうことができます。目の状態によってはコンタクトレンズが使用できない場合もあるので、必ず確認してください。目の健康を守るためにも使用ができるかどうか検査してもらってから、コンタクトレンズを使用することが大切です。自分たちだけで決めないように気をつけましょう。   「小学生がコンタクトレンズをする際の注意点」 小学生がコンタクトレンズを使用するためには、いくつかの注意点もあります。目の健康を維持するためにも必ず確認してください。   目の健康に注意 コンタクトレンズを常に使用することで、目にトラブルが生じる可能性もあります。定期的に眼科検診を受けられるようにすることも大切なので、コンタクトレンズを使用するなら眼科検診も忘れないよう定期的に受けてください。 また、違和感を感じた時にはすぐに眼科に受診してください。放置してしまうと、目のトラブルの原因となります。すぐにメガネに変えられるように予備のメガネもきちんと用意しておきましょう。   毎日のケアに注意 コンタクトレンズを適切に使用するためには、「正しく扱うこと」も重要です。特に、コンタクトレンズのケアはとても大切なので、きちんと衛生管理を行えるようにしましょう。 毎日のケアは慣れるまでは保護者も一緒に管理してあげてください。また、慣れたとしても定期的に確認しましょう。もしも毎日のケアが難しい場合には、1dayなどケアが必要ないタイプを使用するのもおすすめです。1dayなら、毎日新しいコンタクトレンズを装用できるので、ケアが不十分であるかなどの心配も必要ありません。コンタクトレンズも使用し続けると劣化が進むので、目の健康を考える保護者の方にとっても1dayなら安心でしょう。紛失した際なども予備として持たせることもできるので、扱いや装用感に慣れるまでは1dayなど、負担のかからないコンタクトレンズを選んでください。   年齢制限はなくても注意点は多い コンタクトレンズには年齢制限はありませんが、制限がないからこそ注意点が多くなります。どの年齢の方にも当てはまることですが、成長途中にある子供の目の健康は、保護者の方も一番に守りたいはずです。だからこそ、便利なコンタクトレンズを使用する際には、目の健康などをしっかりと考えてケアを怠らないように気をつけてください。   コンタクトレンズ通販のグランプリは、全商品メーカー正規品で様々なブランドのコンタクトレンズを特価で販売。在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。レンズケア用品はこちら➡

コンタクトレンズの度数の意味とは?視力との関係について解説

コンタクトレンズには度数がありますが、自分の度数を知らない方も多いでしょう。また度数に見方はもちろん意味もわからない方も多いです。コンタクトレンズの度数はパッケージに記載されており、知っていることで間違いなどにも気づくことができるため、ぜひ確認しておいてください。ここではコンタクトレンズの度数について詳しく解説していますので、参考にしましょう。   「コンタクトレンズの度数とは?視力との違いも解説」 コンタクトレンズの度数や視力との違いについて解説していきます。   コンタクトレンズの度数とは? コンタクトレンズの度数とは、矯正する力とその力を表した数値です。また、矯正する力とは、レンズの屈折力や屈折する方向のことになります。 目が悪いと屈折がうまくいかなくなるためピントが合わなくなりますが、自分にあった度数のコンタクトレンズをつけることで、正常な屈折でピントの合った状態で物を見ることができるようになるのです。 また、コンタクトレンズの度数を知るためには、眼科で測定してもらう必要があります。自分では測ることはできないので注意してください。   コンタクトレンズの度数と視力の違いとは? コンタクトレンズの度数は矯正力を数値化したものですが、視力は物体を眼で識別する力を数値化したものです。 視力はもともと自分が持っている眼による物体の識別能力を表し、コンタクトレンズの度数はレンズの持つ矯正力を表すという違いがあります。 そのため、視力が0.1だった場合、同じくコンタクトレンズが0,1というわけではないので、コンタクトレンズを選ぶ際には注意しましょう。   「コンタクトのレンズの度数の見方や記号の意味」 コンタクトレンズの度数はどのように見れば良いのか、また数値や記号の意味のほか確認方法について詳しく解説していきます。   コンタクトレンズの度数の数値や記号の意味とは? コンタクトレンズの度数や数値は基本的にコンタクトレンズの箱に記載されています。 例えば「D+0.00」と記載されていた場合、Dの意味はディオプターと呼ばれるコンタクトレンズの度数のことです。 そして、Dの横に記載されている+(プラス)の意味は遠視を表しているのです。反対に−(マイナス)は近視を表しています。 また、数字の「0.00」の部分は度数を表す数値になり、プラスマイナスに関係なく0よりも離れるほど度数が強いことを意味しています。   コンタクトレンズの度数を確認する方法とは コンタクトレンズの度数を確認したい場合は、基本的に眼科へ行くと正確な数値を測ることができます。また、計算する方法もありますが、正確なデータではないのであくまでも目安として参考にしてください。 そして、コンタクトレンズの度数は「0.4÷視力=コンタクトの度数」という計算式で出すことができます。 ただし、この計算式で出た数値はあくまでも目安なので、そのまま決めつけないように注意しましょう。 正確な数値は必ず、眼科で測定してもらってください。   コンタクトの度数は自分でも知っておこう コンタクトレンズの度数について詳しく理解できたなら、眼科へ行って測定してもらうようにしましょう。測定してもらうことで、今自分がどの程度の視力でどのコンタクトレンズの度数が必要かを知ることができます。知っていれば度数が合わないと感じた場合にも、視力の低下や異常に気がついて、すぐに眼科へ行って調べようとすることができます。購入したコンタクトレンズが万が一間違っていた場合にもすぐに気がつくことができるので、ぜひ定期的に眼科で確認してください。   コンタクトレンズ通販のグランプリは、全商品メーカー正規品で様々なブランドのコンタクトレンズを特価で販売。在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。乱視用コンタクトはこちら➡ 遠近両用コンタクトはこちら➡

コンタクトレンズの1dayや2weekとは?おすすめの選び方を解説

使い捨てコンタクトレンズは1dayと2weekの2種類が主流ですが、それぞれの違いやメリット・デメリットを把握してから選ぶようにしましょう。どちらを選ぶべきかは、ライフスタイルやレンズの使い方によって異なります。 今回の記事でご紹介する内容を参考に、よりご自身に合った方を選んでください。   コンタクトレンズの1dayや2weekの違いは? コンタクトレンズの1dayと2weekの違いを確認するために、それぞれの特徴などを見ていきましょう。   ▶1dayコンタクトレンズの特徴とメリット・デメリット 1dayタイプのコンタクトレンズの特徴は、1日限りの使い捨てだということです。そのため普段はメガネを使っていて、特別なときだけコンタクトにしたいという方に人気。基本的に、一度外したレンズは再利用できません。   【メリット】 ・使い捨てなので衛生的 ・洗浄などのお手入れが必要ない   【デメリット】 ・コストがかかる ・頻繁に購入する必要がある   ▶2weekコンタクトレンズの特徴とメリット・デメリット 2weekタイプのコンタクトレンズは、2週間に渡り、毎日洗浄しながら使い続けられることが特徴です。メガネを使わず、毎日コンタクトをつけているという方に適しています。使い捨てでありながら、洗浄液でお手入れをすれば次の日にまた使用可能です。   【メリット】 ・コストパフォーマンスが高い ・購入する手間が省ける   【デメリット】 ・洗浄する手間が必要 ・使用期間を把握しなければならない   選び方のおすすめポイント! コンタクトレンズの1dayと2weekの選び方のポイントや注意点をご紹介します。   コンタクトレンズを使う頻度で選ぶ 使い捨てコンタクトは、使う頻度で選ぶことが基本です。仕事や学校で毎日コンタクトをつける方なら、2週間タイプがおすすめ。普段はメガネをかけていて、特別な日、外出の日だけコンタクトをつけるなら1日タイプが良いでしょう。まずは使う頻度を考えてみてください。   ▶日常のお手入れ方法で選ぶ お手入れの簡単さもコンタクトを選ぶときのポイントです。毎日洗浄することが面倒ではないなら、2週間タイプのレンズでも問題ありません。洗浄が面倒、簡単に使えるほうが良いという場合は1日限りの使い捨てをおすすめします。   ▶コストで選ぶ 使い捨てコンタクトはコストの違いも考慮して選びましょう。毎日使うと仮定した場合、1日限りの使い捨てレンズにかかるコストは、2週間タイプに比べて3ヶ月で3倍ほどになります。使う頻度とコストのバランスを考えて選んでください。   コンタクトレンズの1day・2weekは特徴を把握して選ぼう コンタクトレンズを購入するときに、1dayと2weekのどちらにするか迷ったら、それぞれの特徴を把握してから選ぶことが大切です。コンタクトをつける頻度とコストのバランスを考えて選ぶことが基本ですが、2週間タイプは毎日の洗浄が必要であることも知っておいてください。 一概にどちらが良いとは言えませんので、ライフスタイルや使い方によって、適したほうを選ぶことが大切です。   当店は、在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。国内正規品のワンデーピュアシリーズをお探しなら、コンタクトレンズ通販のグランプリにお任せください。1日使い捨てコンタクトはこちら➡

コンタクトレンズのメリットとは?メガネと比較して解説

コンタクトレンズはメリットの多い視力矯正法です。今回の記事では、コンタクトが優れている6つのポイントについて触れ、その後メガネと比較した細かな利点をご紹介します。 コンタクトを検討している方、迷っている方は、今回の記事を参考にしてコンタクトでの視力矯正の快適性を知ってください。   コンタクトレンズの6つのメリット コンタクトレンズのメリットを6つご紹介します。   ▶見た目の変化がない コンタクトをつければ、外観を変化させることなく視力の矯正が可能です。メガネをかけると少なからず外観が変化しますが、コンタクトであれば外観への不安がありません。   ▶スポーツ時の視力矯正に最適 スポーツ時の視力矯正に最適なところもコンタクトレンズのメリット。矯正のない状態、メガネをかけた状態では運動中に危険がありますが、コンタクトであれば例え転倒しても安全です。   ▶左右の度数差に強い コンタクトは左右の度数差が大きくても、無理なく矯正ができます。片方の目だけ極端に視力が低いという方にもコンタクトは最適です。   ▶近視・乱視・遠視の全てに対応 コンタクトレンズは近視・乱視・遠視の全てに対応しているため、装着する人を選びません。目の状態を問わず、誰でも使うことができます。   ▶重さがない メガネでの矯正と比較して、重さがないこともコンタクトレンズのメリットです。メガネの重さや窮屈感が気になる人でも、コンタクトなら違和感なく見えるようになります。   ▶視野が広くなる 視野が広くなることも、メガネと比較したときのメリットとなります。レンズの矯正効果は視野全体に及ぶため、レンズ内だけで矯正を行うメガネよりも広い視野を確保することが可能です。   メガネとコンタクトレンズの比較 メガネとコンタクトレンズの特徴を、表にして比較してみましょう。   メガネコンタクト視野レンズ内のみ制限なし外観の変化変わる変わらないレンズの曇り曇る曇らないずれ定期的にずれを直す必要があるほぼずれない手入れ汚れがつくたびに拭く必要がある毎日の洗浄が必要 (1dayなら必要なし)価格20,000~40,000円30~100円/日持ち運びメガネケースに入れて持ち運ぶ1パックずつ持ち運べるレンズへの傷衝撃により傷がつくソフトレンズならほぼ傷はつかない   コンタクトレンズはメリットが多い矯正法 コンタクトレンズはメガネと比較しても、非常にメリットの多い視力矯正法です。矯正によって外観が変わることもなく、メガネで気になるレンズの曇りやずれ、傷などへの不安もほぼありません。スポーツ中でも違和感なく装着でき、利用できるシーンが多いこともメリットとなります。 初めてコンタクトを使いたいと思っている方はもちろん、いつもメガネを使っているという方も、ぜひ一度コンタクトの快適性を味わってみてください。   当店は、在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。国内正規品のワンデーピュアシリーズをお探しなら、コンタクトレンズ通販のグランプリにお任せください。UVカットで目にやさしい2weekコンタクトレンズはこちら➡

コンタクトレンズを作るには?眼科の検査や処方箋をもらうことが大切

コンタクトレンズを作るためには、眼科で検査を受けて処方箋を発行してもらわなければなりません。しかし初めてコンタクトに挑戦する方にとっては、どのような検査が行われるのか、と疑問を感じる部分も多いでしょう。 そこで眼科での検査の流れと、検査を受けることの大切さを解説していきます。   初めてコンタクトレンズを作るには眼科の検査が必要? 初めてコンタクトレンズを作るなら、眼科で目の検査をしなければなりません。検査の大切さについて確認していきましょう。   ▶合わないコンタクトレンズは目のトラブルの原因に 目に合わないレンズを使うことは、さまざまな目のトラブルの原因になります。度数が同じでも、カーブの大きさやレンズの直径など、コンタクトレンズには細かな違いがあります。視力の低下や角膜損傷などのリスクを避けるため、必ず医師の診察の下で使用してください。   ▶眼科の検査を受けるメリット ・安全にコンタクトを使える ・自分にあったレンズを判断してもらえる ・目の疾患の有無も診断してもらえる   ▶眼科の検査を受けるデメリット ・時間と診察費用がかかる ・目の状態によってはコンタクトがつけられない   眼科の検査や処方箋をもらう流れ それでは初めてコンタクトレンズを作るときに、眼科ではどのような検査が行われるのか、流れに沿って見ていきましょう。   STEP1:問診 まずは問診にて目の症状や病歴などを確認します。希望するレンズの種類についても、問診の際に確認があるでしょう。 STEP2:目の基本検査 次に目の基本的な検査を行います。機器や顕微鏡を使った検査、視力検査がメインです。目の状態を確認し、矯正したときの視力も測ります。 STEP3:お試し用レンズを使って検査 検査の結果を確認した後、適切だと思われるお試し用のレンズを装着したら、再度目の検査を行います。レンズのカーブや度数が合っているか、顕微鏡を使って診察していきます。 STEP4:コンタクトレンズについての指導 お試し用レンズの検査で特に問題がなければ、レンズの取り扱いについての指導を受けます。装着方法、取り外し方法、レンズについての説明などがあるため、しっかりと確認しておいてください。 STEP5:処方箋の発行 眼科での検査と指導が終わったら、処方箋が発行されます。   コンタクトレンズ購入前に必ず眼科で検査を! コンタクトレンズを購入するためには、目の安全のため、必ず眼科で検査を受けるようにしましょう。レンズは高度管理医療機器です。検査や処方箋なしで装着すると、目の状態を悪化させるだけでなく、角膜を傷つけてしまう恐れもあります。 コンタクトのレンズは度数だけでなく、カーブの具合や大きさなども細かく違っているもの。眼科で検査を受けて、ご自身にピッタリのレンズを購入するようにしてください。   当店は、在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。国内正規品のワンデーピュアシリーズをお探しなら、コンタクトレンズ通販のグランプリにお任せください。1日使い捨てコンタクトはこちら➡

使い捨てコンタクトレンズの使用期限や有効期限について解説

使い捨てコンタクトレンズは、使用できる期限が決まっています。何日間使用できるかはレンズの種類によって違うため、ご自身の生活スタイルにあわせて選ぶことが大切です。 今回の記事ではコンタクトレンズの使用期限と、使用頻度によるレンズの選び方について解説します。初めてコンタクトを購入するという方はぜひ参考にしてください。   使い捨てコンタクトレンズの使用期限や有効期限とは? 使い捨てコンタクトレンズで決められている「使用期限」について解説します。   ▶使い捨てコンタクトレンズの使用期限・有効期限について 使い捨てのコンタクトは、何日間使用できるかが決められています。使用期限は開封してからの日数で換算されるため、期間中に使用しなくても、決められた日数が経過したら捨てなければなりません。使用するときは、何日間に渡り使用できるレンズなのか確認することが大切です。   ▶使用期限・有効期限はコンタクトレンズの種類で変わる 使い捨てコンタクトレンズの使用期限は、レンズの種類によって変わります。主に流通しているのは1日使い捨ての1dayタイプと、2週間使い捨ての2weekです。1dayは起床から就寝まで装着でき、2weekは洗浄しながら2週間使い続けられます。種類によって使用できる日数が異なることを知っておいてください。   生活スタイルによってコンタクトレンズを選びましょう 使い捨てコンタクトレンズは使用期限が過ぎたら使えません。そのため生活スタイルによって選ぶようにしましょう。   ▶コンタクトレンズは使用頻度にあわせて選ぶ レンズ選びで最も大切なことは、使用頻度にあわせて選ぶということです。もし毎日使うなら2weekがおすすめですし、1ヶ月に1日程度しか使わないのであれば、1dayのほうが向いているでしょう。生活スタイルと使用頻度を考えれば、最も適切なレンズの種類がわかります。   ▶コストと使用頻度のバランスを考えよう コンタクトの使用頻度とあわせて、コストのバランスを考えることも大切です。長期間使える使い捨てレンズのほうが、コストパフォーマンスが高い傾向にあります。 例えば1週間に4回、1dayのレンズを使うとすれば、2weekを使ったほうが、コストが低くなることも。使用頻度とコストのバランスを考えて選びましょう。   コンタクトレンズは使用期限を守って使おう コンタクトレンズには種類に応じて使える日数が決まっているため、使用期限を守って使うことが大切です。主な種類は1日限りの使い捨てである1dayと、洗浄しながら2週間使い続けられる2week。 どちらの種類を選ぶかは生活スタイルによって異なるため、使用頻度とコストのバランスを考えて選びましょう。ただしどちらの種類を選んでも、決められた日数が過ぎた場合は捨てるようにしてください。   当店は、在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。国内正規品のワンデーピュアシリーズをお探しなら、コンタクトレンズ通販のグランプリにお任せください。2週間使い捨てコンタクトこちら➡

コンタクトレンズを付けたままお風呂に入って大丈夫?注意点を解説

コンタクトレンズはお風呂につけて入っても大丈夫なのでしょうか?「1dayコンタクトだけど入浴後も使いたい」「シャワーだけだから外すのが面倒」というときもあるでしょう。 しかしコンタクトは外して入浴することが基本です。今回の記事では、外さなければならない理由や、つけたまま入浴した後の注意点について解説します。   コンタクトレンズを装用してお風呂に入るのは大丈夫? コンタクトレンズをつけたままお風呂に入ることは、次のような理由から危険です。サウナ、温泉、プールでも外すようにしましょう。   ▶コンタクトレンズが変形する可能性 コンタクトレンズをつけたままお風呂に入ると、レンズが変形したり、外れてしまったりする可能性があります。まだ使えるレンズでも、入浴によって使えなくなることがあるため外してから入りましょう。   ▶コンタクトレンズが汚染される可能性 ソフトレンズの場合は、レンズが「アカントアメーバ」という原生生物に汚染される可能性があります。アカントアメーバは水や土の中に生息しており、角膜を食べる生物です。もちろんお風呂や洗面所にも生息している可能性があります。 コンタクトがアカントアメーバに汚染されれば、角膜の傷から体内に侵入されてしまうことも考えられます。   ▶水場ではコンタクトレンズは外しましょう レンズ変形とアカントアメーバによる汚染の可能性から、コンタクトレンズは外してお風呂に入りましょう。サウナや温泉、プールでもレンズの変形・汚染の危険性はあります。基本的に水場では、コンタクトを外すようにしてください。   コンタクトしたまま入浴した後の注意点 コンタクトレンズをつけたまま入浴してしまったら、レンズを消毒するか、新しいものに替えましょう。   ▶コンタクトレンズの消毒 つけたまま入浴してしまった後のコンタクトの消毒には、消毒作用のある洗浄剤・保存剤を使います。4時間程度レンズを浸しておけば、汚染の可能性はなくなるでしょう。入浴後は必ず消毒するようにしてください。   ▶新しいレンズに替えることが最も安全 コンタクトを装用したまま入浴していた場合、新しいレンズに替えることが最も安全性の高い方法です。使用期限が残っていたとしても、気がつき次第、すぐに新しいレンズに替えるようにしてください。   コンタクトレンズはお風呂の前に必ず外そう レンズの変形、アカントアメーバによる汚染の可能性があるため、コンタクトレンズはお風呂に入る前に必ず外すようにしましょう。レンズが使えなくなるだけでなく、目への危険性も高まります。お風呂だけでなく、シャワーや温泉、プールでも同様です。 もしレンズを装用したまま入浴してしまったら、すぐにレンズを消毒するか、新しいものに替えるようにしてください。使用期限が残っていても、捨てて新しいものを使うことが最も安全です。   当店は、在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。国内正規品のワンデーピュアシリーズをお探しなら、コンタクトレンズ通販のグランプリにお任せください。レンズケア用品はこちら➡

1日使い捨てコンタクトならワンデーピュアがおすすめ!

毎日新しいレンズに取り替える1日使い捨てタイプの「ワンデーピュア」は、衛生的で使いやすいと人気のアイテムです。ここでは、コンタクトレンズ通販のグランプリがおすすめする1日使い捨てコンタクトレンズ「ワンデーピュア」の魅力を紹介します。  ▶酸素透過性が高いワンデーピュア レンズに含まれる水分量が多いワンデーピュアは、つけ心地のよさだけでなく、酸素透過性が高いという特長があります。含水率の高いコンタクトレンズほど、レンズが酸素を通しやすいため、目の負担が少ないとされています。  ▶うるおい成分たっぷりのワンデーピュア 高い含水率でつけ心地のよさが続くワンデーピュアは、保存液に天然うるおい成分が配合されているため、うるおい感がさらにアップしているのが特長です。水分を引き寄せる両性イオン素材とアルギン酸の組み合わせによって、安定した目のうるおいをキープします。  ▶汚れを寄せつけない独自素材を採用したワンデーピュア ワンデーピュアは、水分を引き寄せながらも、汚れを寄せつけない独自素材を採用しています。脂質やたんぱく質などの汚れを寄せつけにくいので、簡単なお手入れで、目を清潔に保つことができます。  ▶乱視や遠近両用にも対応したワンデーピュア シードのワンデーピュアシリーズは、ワンデーピュアうるおいプラス、ワンデーピュアうるおいプラス乱視用、ワンデーピュアマルチステージと目の状態に合わせて様々な種類から選べます。適切なものを選ぶことで、見え方を快適に矯正できます。  ▶紫外線(UV)カット機能つきのワンデーピュア 目の老化を促進する原因ともなる紫外線対策には、UVカット機能つきのワンデーピュアがおすすめです。紫外線吸収剤が含まれるワンデーピュアは、通過する紫外線の量を減らす効果が期待できます。  当店は、在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。国内正規品のワンデーピュアシリーズをお探しなら、コンタクトレンズ通販のグランプリにお任せください。商品ページはこちら➡

【使用目的別】コンタクトレンズの商品タイプ

コンタクトレンズは、ソフトコンタクトレンズやハードコンタクトレンズのほか、1日使い捨てタイプや2週間使い捨てタイプなど、種類がたくさんあります。ここでは、コンタクトレンズの種類を使用目的別に紹介します。 ▶矯正用コンタクトレンズ コンタクトレンズは、近視や遠視、乱視、など、視力の度数や目の状態などに合わせて矯正するための器具です。ソフトコンタクトレンズには、近視用や乱視用など矯正目的で使える使い捨てタイプのコンタクトレンズがあります。ただ、矯正力はあまり強くないため、強い近視や乱視の方は目への酸素供給量が高い乱視用のハードコンタクトレンズが向いています。  乱視用コンタクトはこちら> ▶遠近両用コンタクトレンズ 矯正目的で使用できるコンタクトレンズは、老眼のためのレンズもあります。それが、遠近両用コンタクトレンズです。老眼は、加齢によりピントの調節力が低下した状態を指します。遠近両用コンタクトレンズは、1枚のレンズに遠視と近視の両方を矯正する加入度数が含まれていて、これにより遠くのものも近くのものも見えるように矯正します。  遠近両用コンタクトはこちら> ▶カラーコンタクトレンズ ファッションアイテムのひとつとして愛用されているのがカラーコンタクトレンズです。目の印象を変えることを目的としたカラーコンタクトレンズは、おしゃれ用レンズと呼ばれ、瞳の色を劇的に変化させることに特化したコンタクトレンズです。度あり・度なしと視力に合わせて度数を選べるレンズもあります。  カラーコンタクトはこちら>

コンタクトレンズの種類について

コンタクトレンズには、ソフトコンタクトレンズ・ハードコンタクトレンズの2種類に大きく分けられます。 ▶ソフトコンタクトレンズの特徴 ソフトコンタクトレンズは、水分を多く含む柔らかい素材でできたコンタクトレンズです。弾力性に優れているため、装用した際に異物感を感じにくいのが特徴です。レンズの直径が黒目の部分よりも大きいため、目になじみやすく、ずれにくいとされています。外れにくいため、初めてコンタクトレンズを使用される方や激しい運動をされる方などにおすすめです。 ソフトコンタクトレンズは、使用できる期間によって、1日使い捨てコンタクトレンズ・2週間使い捨てコンタクトレンズ・1ヶ月使い捨てコンタクトレンズと、さらにタイプが分類されています。 おすすめ商品はこちら> ▶ハードコンタクトレンズの特徴 ハードコンタクトレンズは、水分がほとんど含まれていない硬い素材でできたコンタクトレンズです。酸素を多く通す性質をもつため、必要な酸素が目に届きやすく、目への負担が少ないのが特徴です。レンズの直径はソフトコンタクトレンズより小さく、個人差はありますが、耐用年数が比較的長いという特徴があります。 ハードコンタクトレンズは光学性に優れ、強制力が高いことから、乱視の矯正目的でコンタクトレンズを使用される方にもおすすめです。 ※コンタクトレンズを使用する際は、装用する人によって適切なタイプが異なります。どちらを使用するのかは自己判断ではなく、眼科医に相談することが大切です。