Grand Prix

在庫あり商品なら土日祝日も当日発送 & 送料無料

コンタクトがずれる原因と対処法

コンタクトレンズを使用している際になぜかずれてしまい、困っている方も多いのではないでしょうか。レンズがずれてしまうと急に視界が悪くなったり、目の中がゴロゴロしたりする不快感を覚えます。
ここでは目の中でずれてしまう代表的な原因と対処法、予防法についてご紹介します。

 

コンタクトレンズがずれる原因とは

レンズがずれてしまう原因として下記の3つが挙げられます。

 

目の乾燥

目が乾燥しているとレンズがずれやすくなります。乾燥がひどいとずれるだけでなく、目に張り付いてしまうこともあるため注意が必要です。
コンタクトを使用しているだけでも目が乾燥しやすくなりますが、ほかにも空調による室内の乾燥やドライアイなどの原因も考えられます。

 

表裏を間違えている

ソフトタイプもハードタイプも裏表があるのですが、ソフトタイプの中にはレンズの裏表がわかりにくいものもあり、間違って装用してしまうとずれやすくなります。
裏表を確認する方法として、指先に乗せたレンズを目線の高さで確認、キレイなお椀型になっている場合は正しい表向き、両端が反り返っている場合は裏向きです。
レンズを目につける前に向きをしっかりと確認してつけることを意識しましょう。

 

結膜炎

結膜炎を起こしている場合はレンズがずれやすくなります。結膜炎とは、きちんとレンズを洗わず汚れがついたままで装用していたり、目に花粉などのアレルゲン物質が付着したりすることによって目がかゆくなる、コンタクトの装用感が悪化するなどの症状が現れるトラブルです。

レンズがずれやすいだけでなく目のかゆみを感じたり目やにが増えたりした場合にも結膜炎になっている可能性があるため、コンタクトレンズの使用を控える必要があります。

 

コンタクトがずれた時の対処・予防方法

コンタクトレンズがずれた時にできる対処法や、ずれないための予防方法についてご紹介しましょう。

 

対処法

レンズがずれてまだ目の中にあるのかわからなくなった場合は慌てず、鏡を確認しましょう。レンズを見つけたらそれ以上動かないように目の外側を押さえながらレンズと重なるように目を動かします。

例えば、上にずれたレンズを発見した場合は上まぶたを指で押さえながら目線を上に移動してレンズと黒目を重ねてみてください。
位置が直らない場合は眼薬をさして再度行いましょう。どうしても直らない場合は眼科で相談をしたほうが安心です。

なお、眼の構造上、レンズが裏側などに行くことはないので安心しましょう。目の中にレンズが見当たらない場合は落ちた可能性も高いので、周辺をチェックしてみることをおすすめします。

 

予防方法

ずれの大半は乾燥が原因なので、目の乾燥を防ぐことが何より重要です。目の乾燥は冷暖房のきいた部屋に滞在することや、長時間コンタクトレンズを装用した場合にも起こります。

コンタクト用の目薬をさしたり、瞬きの回数を増やしたりすることで涙を目の表面に運べるので、乾燥を感じた際に行ってみましょう。
また、コンタクトをつける時に装着液を使用することで目に水分を補給できるので、乾燥予防に繋がります。

また、レンズを正しい向きで装用することが大切なのですが、これは装用前に注意する他ありません。指の上で必ず形を確認してから装用するようにしましょう。
これらの対処法で改善が見られない場合は結膜炎などの目の病気が隠れている可能性もゼロではないため、早めに眼科医に相談することをおすすめします。

 

コンタクトがずれる多くの原因は目の乾燥にある

コンタクトがずれる原因と対処法についてご紹介しました。主に目の乾燥が原因となっているケースが多いほか、正しく装用していると思い込んでいるものの裏表が逆だったケースもあります。

正しく装用しているのにずれる場合はドライアイや目の病気の可能性もあるので、一度眼科で相談してみると安心です。

 



コンタクトレンズ通販のグランプリは、全商品メーカー正規品で様々なブランドのコンタクトレンズを特価で販売。在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。

レンズケア用品はこちら➡