Grand Prix

在庫あり商品なら土日祝日も当日発送 & 送料無料

コンタクトレンズの裏表を間違うとどうなる?見分け方や対処法とは?

コンタクトレンズ表裏

コンタクトレンズは、眼球にフィットさせる「凹面(へこんでいる面)」と、反対側の「凸面(膨らんでいる方)」に分かれています。

 

ソフトレンズの場合、両面が何らかの衝撃で裏返る場合があり、慣れないうちはどちらが裏表なのかわかりにくいこともあるでしょう。

 

ここではコンタクトレンズを付ける際の表裏の見分け方と、万一つけ方を間違った場合の対処法について詳しく解説していきます。 

 

コンタクトレンズの表裏の見分け方

コンタクトレンズの表裏の見分け方について詳しく紹介します。 

 

表裏マークを見る

レンズの表面には見間違いを防ぐための表裏マークが印字されています。

 

製品によっては表と裏が識別できる「123」のようなマークが入っており、123と読める部分が表、321と見えれば裏側となります。 

 

レンズの縁の形状を見る

コンタクトレンズの表と裏がひっくり返ってしまったとき、指に乗せてみると縁(ふち)部分がいびつなカーブを描きます。

 

指先にレンズを乗せたとき、なめらかな半円形になっていれば表と裏は正しいため、凹面をそのまま黒目に当てて装着しましょう。 

 

端をつまんで丸まるかどうか

表と裏が正常であれば、レンズの端をつまんだときにきれいに丸まります。

 

裏側が表にきている場合、レンズの端をつまんでみると丸まらずに広がりが出るので、向きを返してもう一度端をつまみ、確認してください。※レンズの破損に注意してください。 

 

コンタクトレンズの裏表を間違った場合と対処法

コンタクトレンズの裏表を間違うと、どのようなトラブルが考えられるのでしょうか。対処法もあわせてみていきましょう。 

 

目に異物感が出る

裏面のまま装着してしまうと、目に正しくフィットせず異物感やゴロゴロとした感じが出ることがあります。

 

おかしいと思ったらコンタクトレンズを外し、縁の形状や裏表マークを確認してください。 

 

ものの見え方が低下する

コンタクトレンズはレンズの中心部に度が入っていますが、裏返しにして装着するとややものの見え方が低下します。

 

ほとんどの人が裏表のトラブルに気づくことができますが、視力が悪い方は気づきにくい可能性もあるため、一度取り外して表裏マークなどを確認してください。 

 

レンズを正しく装着するために

コンタクトレンズの表裏を間違えると、クリアな視界が確保しづらくなり目にも違和感が出てきてしまいます。

 

表面にして正しく装着することで角膜にフィットするよう設計されているため、裏面にして装着すると少しの衝撃で外れやすくなる可能性もあります。

 

普段からレンズの取り扱いには注意し、万が一裏表が反対になってしまった場合の正しい見分け方もチェックしておきましょう。 

 



当店は、在庫あり商品なら土日祝日も当日配送に対応しています。コンタクトレンズ通販のグランプリは、全商品メーカー正規品で様々なブランドのコンタクトレンズを特価で販売。

UVカット付きおすすめコンタクトレンズ はこちら➡